Link

この年代はトレーナーを裏返しに着るファッションも流行しました

トレーナーは1980年代に大学生の定番ファッションとして流行しました。人気のあるお店では数百人の行列ができるほどでした。この年代はトレーナーを裏返しに着るファッションも流行しました。この裏返しファッションが分からない人から「トレーナーを裏返しに着ている。注意してあげないと!」と親切に注意をしてもらった方もいるのでは…。こんな流行があったトレーナーは今では、家庭に1人1着以上はあるくらい幅広く着られています。年齢や男女関係なく、また多面的に利用できる利便性も優れているものです。
トレーナーには大きく分けると薄手、裏パイル、裏起毛、厚手のものがあります。薄手のものは春夏用、裏パイルは通年、裏起毛は秋冬、厚手は繰り返し使用するのに強いなどと、用途もさまざまです。トレーナーといえば夏はあまりイメージしませんでしたが、半袖のトレーナーは夏に着ても爽やかな感じです。トレーナーは英語で「汗」とか「汗取り」を意味します。そういう意味では夏のトレーナーの方が定番のような気もします。そして最近の女性用のトレーナーはデザイン性が高く、ズボン以外でも合わせやすいものが出ています。昔ではなかったレースの装飾を扱ったフェミニン的なデザインのものも出回っています。このようにトレーナーは、種類も多くなり価格も幅広くあるので自分に合うものを見つけるのも楽しくなっています。
それからスウェット地でできたプルオーバーの上着のことをトレーナーといいます。このスウェットとトレーナーは同じ意味なのを知っていましたか?私はスウェットがトレーナーとは別物だとずっと思っていました。このトレーナーとは和製英語で海外では通じません。英語圏ではスウェットシャツと呼びます。お店で「トレーナーはありますか?」と「スウェットはありますか?」どちらで聞きますか?最近はスウェットをよく聞きます。だから何か聞く場合はこちらの方が恥をかかなくてすむかもしれません。


トレーナーについて知りたい方は、このサイトがおすすめです